30代彼氏と20代彼女が付き合うために知るべき経験談

30代の彼氏が20代の若い彼女と付き合えるのは幸運なことです。

しかし年の差カップルがうまくいかないことがあるのも事実です。

どうしても価値観の違いが日々の生活で出てきてしまうからです。

今回は年の差カップルとして付き合い始めたけどうまくいかなかった女性の経験談を紹介します。

これから年齢差のある恋愛を始めようという人はぜひ参考にしてください。

 

長く付き合いすぎて自然消滅

現在はお付き合いはしていない独身ですが、10個以上離れた方ばかりとお付き合いしていました。

未だに同世代や年下、自分よりも9個以内に年が離れた人とはお付き合いしたことがありません。

どうしても年が近い男性と付き合うことにしっくりこない性分で、気づけば父と変わらない年齢の方とも付き合っていました。

その中でも特に長くお付き合いした方とのお話をさせていただきたいと思います。

 

4年ほど前に3年間お付き合いしていた32歳の男性です。

出会った時は20歳なので、ちょうど10個離れていて、出会ったキッカケは共通の友人の紹介でした。

彼と出会う前から年上男性と付き合う事が普通に思っていた私にとって10個離れていても全然抵抗もなかったので、4回ぐらいデートしたらすぐにお付き合いがはじまりました。

職業はシステムエンジニアで、漫画と機械オタク。

当時パソコンの扱いもあまり得意でなかった学生の私にとっては頼れる存在だったし、今パソコン操作に困らないのも彼のおかげです。

何よりも、誰よりも優しくていつも笑顔でいてくれる姿が好きでお付き合いを申し出たのも私からです。

好きになった女性がタイプ、と豪語する彼もすぐに快諾してくれたの今でも覚えています。

 

結局結婚に踏み切れず、長く付き合い過ぎたために、自然消滅の形でお付き合いは終わってしまったのですが、今でも後悔が残っています。

同世代の友達からはなかなか理解を得られませんでしたが、それでも当時は真剣に付き合っていたし結婚も前提に考え、決して遊びの関係といったものではありませんでした。

当然親にも紹介したし、公認で付き合っていました。

電車が好きな彼とは電車旅をよくしたので、寝台車両に乗ったりと若い私にとっては刺激があっていい思い出です。

今でも電車旅をしたくなります。

また漫画好きの彼の家は当然漫画だらけなので、全然見たことない漫画も全巻揃っていたから彼の家で過ごすときはずっと読みふけったり、撮りだめしたアニメを見ながらお茶するのも幸せな時間でした。

年上男性はやはり経験が自分より豊富なため、好奇心旺盛な女性には刺激的だと思います。

わたしも好奇心が旺盛すぎるほどの性格だったので、なんでも一緒にしたし、興味のないジャンルも今では好きなものになったりと、とてもいい経験だと今でも感謝しています。

甘やかしてくれるだけじゃなくて厳しいことも言ってくれるのが年上男性の魅力です。

ただ、どうしても頑固で折れない部分がかならずあるのが年上男性なので、普段合わせてくれる分、女性も合わせてあげると長続きする秘訣です。

 

依存タイプには要注意

私は今まで3人しか彼氏いません(現在25歳)

その内、2人は年上、1人は年下です。

2人目に付き合った彼氏が11個上のひとでした。

彼と当時出会った時は22歳、彼が33歳の時でした。

彼は居酒屋で社員として働いていました。

私はアルバイトとして、そこにヘルプという形で週に1~3日、忙しい日にシフトに入ることになりました。

最初は、出勤、退勤の時に挨拶する程度の中でしたが、歓迎会を開いてくれ、そこで初めて会話をしました。

そこから、職場でも話すようになり、シフトのことがあるからと連絡先を交換しました。

そこから、人手不足になり、そのアルバイト先にヘルプから常任になり、まかないを一緒に食べたりするようになりました。

ある日、休みの日に突然連絡があり、今から飲みに行かない?といわれ、断る理由もなく、飲みに来ました。

飲んでるうちに、楽しくなり、終電の時間がすぎました。

私の家は、のんでいるところから徒歩圏内のところに一人暮らしをしていたので、帰ろう思っていたのですが、家に帰れないと言われて、のんでいたこともあり、家にあげてしまいました。

一夜だけのことだったので私は気にしてはいませんでしたが、彼は気にしていたみたいで、そこから連絡が毎日来るようになりました。

あとから聞いたところ、すでに好意を持っていてくれてたみたい。

そこから、そんなに連絡くれるなら何か想ってくれているのかな?と思い、本人に直接、好きか聞いてみました。そこで告白されました。

私は好きではなかったのですが、ほかに好きな人もいなかったので、飲み友達くらいの感じで軽く承諾してしまいました。

そこから、一人暮らしの家に彼が居候を始めました。

出勤時間も退勤時間も違うので寝るくらいしか一緒にいませんでしたが、それなりに楽しかったです。

3ヶ月くらい経ち、嫉妬深い彼が、私が夜中に彼に連絡なしで飲みにいったことが原因で喧嘩が始まりました。

1日目は彼に怒られてる最中に私は爆睡してしまい、喧嘩が悪化。

もともとそんなに好きではなかったので、別れよう。と言い、別れを切り出しました。

別れてはいましたが、家からなぜか出て行かなくて、2ヶ月。その間、私は家に週2でしかかえりませんでした。

出て行ってというのもめんどくさくなり、まぁいいかと思っていたら、いつのまにか荷物がなくなっていたので、安心して毎日家に帰るようになりました。

そしたら、そこから毎日彼が家に来るように。

鍵もかえていたので、部屋まで上がることはなかったですが、毎日家に帰るくらいに、家にきては扉をドンドン。ストーカー状態。

なんで、帰る時間がわかるのか。恐怖。

彼と別れる1ヶ月前に、他の職場に移動になっていたので、シフトは知らないはずなのに。

と思っていたら、前の職場の人から電話。

彼が無断出勤してると。連絡が取れないと。いつのまにか、仕事辞めていました。

納得、毎日家の前で張っていたのか。怖くなったので、私は引っ越し。そしたら、彼から、お前絶対ゆるさないからな。とメールが。そこから彼とは連絡も会うこともなくなりました。

 

年上の人は、付き合ってる時は、包容力もあるし、支えてくれます。時々、年上らしからぬ行動をとり、可愛くもみえます。

でも、依存してしまうタイプには要注意です。

仕事辞めてしまうまで行く人はそういないかと思いますが。

相手をちゃんとたてることも大切です。

 

まとめ

一度かけ違えてしまうと二人の溝を戻すのは難しいようです。

そうなれば年上彼氏の魅力が逆に欠点になってしまうのかもしれません。

経済的にも行動的にも年下のほうが制限されています。

やはり若い女性の立場には最大限配慮すべきでしょう。

 

体験談
30歳男性が20歳女性と付き合うための体験談集